image (3)

静岡駅近く!話題のお化け屋敷に行ってきた!

2,326 views

大学の長い夏休みを利用して、静岡最怖ホラーハウス を体験してきました!ご当地アトラクションとあなどるなかれ・・・。すごかったです。

旅行先の面白イベントを探しちゃおう!

image

9月に入ってもまだまだ大学生は夏休み♪

関西を飛び出してどこか遠くへ旅行する人も多いのではないでしょうか?(^。^)

私は現在静岡県へ来ています。

皆さんは旅をした時にはどこような観光・遊びをされるのでしょう。

その土地の名所を巡るのも良し、名物を食べるのも良いですが、

〔旅行先の地名 イベント〕で検索すれば、

地元ではやっていない面白そうな行事・お祭り・フェアが見つかるかもしれません。

今回私は静岡最怖((((;゚Д゚)))))))と言われているお化け屋敷へ行ってまいりました!

呪われた人形屋敷in静岡ホビースクエア!

image (1)

と、いうわけで静岡駅からほど近いところにて、
静岡最怖ホラーハウス 呪われた人形館「幸子とまさこ」
が開催されていることを知った私たち(私+友人2名)はキャアキャア言いながら車を走らせてきました。

静岡ホビースクエアとは静岡の古くからの模型文化を伝承する施設として、プラモファンには有名な場所だそうです。

確かにバイクなどの模型が沢山飾ってあって、家族連れが多い印象でした。

お化け屋敷を体験するには800円の入場料を買うのと同時に整理券が配られるので、しばらく模型コーナーをうろうろしていましたが、30分程度で呼んでもらえました(^ω^)

正直、大阪で同じイベントがあれば、もっと混雑していたのだろうなと思います。

面白そうなものは地方で楽しむ方が得かもしれませんね(笑)

いよいよ呪われた人形屋敷の中へ……

image (2)

整理券の番号が呼ばれると、列に並ぶことができます。

屋敷の外観を模したセットはなかなかリアルで、私たちのテンションも昂ぶってまいりました( ´ ▽ ` )

入り口と近いところに出口があるので、中から他のお客さんの悲鳴が聞こえてきます。

泣いて出てくるお姉さん、転がって飛び出てくるちびっ子と追いかけるお父さんなど、出てくるお客さんを眺めながらドキドキしてきました……

さて、入り口の前で整理券と入場チケットを渡し、係りのお兄さんからの説明を受けてから案内してもらいます。

 

このお化け屋敷のタイトル、幸子とまさこ。

大切にしていたお人形、まさこを従姉妹に壊されてしまい、怒り狂い幽閉(!)されてしまった幸子は、1年後の誕生日にこの世を去ります。

image (3)

幸子の怨念に取り憑かれた屋敷に入った参加者たちには、壊れたまさこに御札を奉納し、葬式の時のままにされている幸子にまさこを直してあげることを伝えるというミッションが与えられました。

ミッションをクリアーしていくウォークスルー型のアトラクションですね。

屋敷の中は結構暗いのですが、コンセプトに沿った造りの内装も面白かったです。

中の様子は撮影厳禁なので、お伝えできるのはここまで!

今回お伝えしたかったのは、大阪の中心部でも楽しいイベントは沢山ありますが、敢えて郊外や地方のイベントに行くと、並ぶ時間も短いのでオススメしたいということです。

実際、静岡ホビースクエアはお客さんも大阪の同様の施設に比べると空いています。

周辺駐車場にも空きがありますし、駅前なので辺りにはランチのできるお店も沢山ありました。

これを読んでくださった方が、色んな地方のイベントに注目していたどけたら幸いです。大阪府なら泉州や河内方面、関西なら奈良県、滋賀県など…...

近場でも面白そうなスポットはいっぱいありますよ!

それでは最後は入り口に飾られているまさこの画像とともにさよならしましょう。最後まで読んでいただきありがとうございました~(^ν^)

タグ:
友だち追加数

Facebookでコメントする