image (1)

【町歩き】歴史と近代が混在する街・空堀を探検

239 views

どこの街にもありそうな商店街をぶらり散歩してみました。写真を撮りながら周るといろんな発見があって、とても楽しいですよ!

空堀って何?どこ?

image

今回は近畿大学と同じく近鉄沿線の駅、大阪上本町までやってきました。

そこからさらに北へ歩いていくと、空堀商店街という長~い商店街(厳密には3つの商店街に分かれています)に着きます。

上町筋、谷町筋、松屋町筋を結ぶ商店街とその周辺を大きく「空堀」と呼び、古くから住む人も新しくやって来た人もこの空堀の文化を大切にしてきました。

町屋造や長屋が多く、そのほとんどは戦前からある建物です。

空襲の被害を受けたはずの大阪の真ん中で、何故このような古い建物が残っているのでしょうか?

実際に歩いて撮った写真とともに、空堀の魅力を探っていきましょう。

どこか懐かしい雰囲気の商店街をブラッと歩こう

image

空堀商店街は空堀通商店街、はいからほり商店街、空堀どーり商店街の3本からなるアーケード商店街です。

端から端まで歩くだけでも結構な運動になります。

また、アーケードのある商店街としては珍しく、途中に急な坂道があるのも特徴です。

お店も個性豊かで、ノートなど紙雑貨の専門店野菜を使ったスイーツのお店と、ひとつひとつのお店をじっくりと見たくなりますね。

ブラブラしながら適当なところで曲がると、歴史ある建物が並ぶ光景が目に飛び込みます。

空堀の魅力は商店街だけでなく、周辺一帯にあるのです……

古い建物が生まれ変わって。

image (1)

大阪の唯一の台地、上町台地に空堀はあります。

つまり他の地域より高台にあるのですが、坂道の多さがそれを物語っているような……

なんと空堀は奇跡的に空襲を逃れたため、今でも戦前の建物が多く残っています。

そんな古い建物は、現在様々な生まれ変わり方をしているのです。

image (3)

例えばバル、喫茶店、小料理屋、洋風レストランなどの飲食店。長屋の趣そのままに、ちょっと有名になったお店がそこかしこにあります。

image (2)

他には雑貨屋や美容室、ギャラリー、オフィスなど、ここは何があるのかなと狭い路地を散歩したくなる発見が沢山です

もちろんそのまま住居として使っている人々も多いので、ジロジロ覗くのは止しましょう。

長い歴史の中で移り変わる景色は多くあります。

空堀からでも空を見上げると、高層マンションが何棟も見えるように、老朽化で改装せざるを得ない建物があるように、全てを昔のようにするのは無理です。

その中で店舗や居を構える人々は何を思っているのでしょうか。

古きの良さを残しつつ、新しいものの良いところを取り入れることで、似ている個性が溢れる建物が多くあります。

さらに、そこがどういったお店なのかも、バラバラです。

そんな空堀という街には散歩や買い物のためにちょっと遠くから訪れる人がいます。

毎回新しい発見のある街で、自分が面白い!と思えるスポットを見つけてみてください。

友だち追加数

Facebookでコメントする