1463387746851

新規事業推進室へインタビュー!グンゼの新規事業・新製品はこうして生まれていた!

158 views

今回はグンゼ株式会社の新規事業推進室へインタビュー。あまり聞きなれない部署ですが、グンゼの今までの事業以外の新製品はここから生み出そうとしてます。商品開発に興味のある学生は必見です。

グンゼの新規事業ってどうやって生まれるの?

1463387968780

新規事業推進室 中原皓平さん

グンゼさんはアパレル事業、機能ソリューション事業、ライフクリエイト事業の三本柱で事業を展開しておられます。

3つの事業の組み合わせで新しい事業を創ろうとしている部署、新規事業推進室の中原皓平さんにお話を伺いました。

st_01新規事業推進室って簡単に言うとどんなお仕事をする部署なんでしょうか?
gunze_nakahara新規事業推進室は、もともとグンゼが持っている技術を使い、新しいビジネスになるものをみつけだし、事業化させることを目的としています。

新規事業推進室は、それぞれの事業部の情報を確認しながら、お客様に選好されるように今までと異なる視点やできるだけ広い視野で商品や技術を考えることが必要なんだそうです


st_01新しいビジネスになるものを、どうやって見つけだすのか、どこから発想が生まれるのかが気になるのですが・・・
gunze_nakahara他の会社や製品、街の中にあるもの、どんな人をターゲットにするのかということを考え、現状を知り、STP(segmentation, targeting, positioning)を考えたりですね。

 

KIMG0304

私は新規事業推進室のお仕事は勝手に理系のことばかりだと思っていたので文系っぽい話が出てきて驚きました。

新規ビジネスには理系と文系の知識の差はなく、どんなことでも、やり方、調べ方を考え吸収することが大切だそうです!

これはどんな学生にもあてはまることで、学校の先生などに言われてもパッとしないですが、実際に働いている人に言われると、現実味がわきますね!

st_01情報収集することってとても大切なんですね!
gunze_nakahara情報量で提案力が変わるくらい、それぞれの業界の情報収集が大切です。そして、お客様に興味をもち、お客様の悩み、ニーズを聞くことも大切です。
st_01お客様の悩みや情報はどのようにしてヒアリングするのですか?
gunze_nakahara一つ例を挙げると展示会ですね。ご来場いただいたお客様にいろんなことを聞いてグンゼができることを提案しています。
そして私たちの取り組みに興味を持っていただくようにしています。

ビジネスにおいて相手に興味をもって、相手が求めているものを知る、また、自分たちに興味をもってもらえるようにするということが必要なんですね。
これはビジネスだけでなく魅力的な人間になるためにも大切なことですよね(*^^*)

生活者が便利に暮らすためには??

1463387746851

st_01中原さんが感じる新規事業推進発室の仕事の魅力ってなんでしょう?
gunze_nakaharaイレギュラーなことにもチャレンジし、幅広い視野で出口を探すことができることですね。
その中でグンゼだけで完結できないことがあれば、たとえ競合している会社とでもタイアップし、お互いの技術の共有で、世に出す速度をあげることができればと思っています。
その結果、生活者が便利に暮らせるようになるのではないかと考えています。

KIMG0299

gunze_nakahara私たちも、仕事だけでなく、実生活においても視野を広く持って、友人や知人との会話の中でも「あったらいいな」と思うものを考えたりすることで、仕事に活かせることもあります。
意外と日常にヒントが隠れていることもあるので、そういた部分にもアンテナを張ると仕事に活かせて早く結果を出せることもありますね。

…と、ビジネスについてお話いただいたのですが、学生として、人間としての魅力や、自己成長に繋がるような考え方を聞かせていただけました☆

私が興味をもち、早くリリースして欲しい開発中の製品はコレ!

gunze_img_350

クリックすると拡大します

 

これからの新規事業として様々なことを教えていただきましたが、私が特に気になったのが“衣料型ウェアラブルシステム〜美姿勢チェック〜”というものです。すごく気になりたくさんお聞きしました!笑

私は最近ウォーキング、ポージング、ヨガ、ダンス、殺陣のレッスンを受けているのですが、姿勢ってほんとに大切で、見られるということにおいて、人って顔だけを見てるわけではなくて、全体を見ているんですよね。そんな大切な”姿勢”において、姿勢が良くないときに知らせてくれる、衣料型ウェアラブルシステムを開発中だそうです!

補正下着などはありますが、無理矢理その形にしているだけなんです。こちらのシステムは補正ではなく、気づかせてくれるようになっているので、自分で筋肉を使い、いい姿勢をキープできるように意識ができます。

接客業の方や、美意識の高い方、スポーツクラブなどでの利用が期待されています。価格も普通のインナー+αでみなさんの手が届く範囲で設定されるそうです!

これから私たちの生活を豊かにしてくれる製品がグンゼさんから数多く出てくることを楽しみに待たずにはいられませんね。

興味を持った方はこちら↓

「技術・研究開発」サイト
http://www.gunze.co.jp/technology/

 

過去のインタビューはこちら!

e412d9c50a3640b28258f62e8b8f5e46-300x191ものづくり、広報に興味のある方必見!GUNZE(グンゼ)の販促、商品開発のお仕事内容は驚きの連続!!

e412d9c50a3640b28258f62e8b8f5e46-300x191【学生インタビュー】グンゼスポーツクラブつかしんでトレーニング体験レポート!

e412d9c50a3640b28258f62e8b8f5e46-300x191【就活生必見】GUNZE(グンゼ)の人事担当の方とお話をすることができました!!

e412d9c50a3640b28258f62e8b8f5e46-300x191【学生インタビュー】SABRINAの企画・マーケティング担当者に聞きました!働く女性のリアルとは!!

e412d9c50a3640b28258f62e8b8f5e46-300x191近大生がインタビュー!グンゼ商品開発担当者が明かすBODY WILD開発秘話!

 

友だち追加数

Facebookでコメントする